そだね、もふー屋さんだね。

日々『頃』→『是』精進。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【雑文】プレイヤー論?

唐突ですが今日は個人的な観点から見たプレイヤー論の話をば。
個人的かつ感覚的なものなのですが、プレイヤーは大別して二つのタイプの人種に分けられると思っています。
一つは「クリエイター」タイプ
デッキを創造していくタイプの人達です。特徴としては
・新しいセットが出た際にまず核となるカードを探す
・メタとは生み出すもの
・天才系
などがあると思ってます。
そしてもう一つは「チューナー」タイプ
デッキを改造していくタイプの人達です。特徴は、
・新しいセットが出た際まずデッキを強化できそうなカードを探す
・メタとは立ち向かうもの
・秀才系

のような感じかなと。
どちらが優れているとかではないです、それぞれに得意不得意があると思いますので。まず自分を知るところから始まると思うのでこんなこと言っちゃってる訳です。
思うに、プレイヤーのコミュニティの中においてもクリエイターとチューナーの関係が成り立ってるかなと。
まずクリエイター型の人が新しくデッキを作り、それをチューナー型の人が順応・強化していくという流れがあると思います。
そして、クリエイター型の人のデッキがネットや伝聞等を介してチューナー型の人に伝播することもままあります。
クリエイター型の人は全体で見れば少数派、そのシマのリーダー格の人に多いように思えます。
逆にチューナー型の人はプレイヤーの多数派になるかなと思います。
これは、ゼロから創り出すことの方が労力がかかることに由来するかなと。チューナー型の人がデッキを触れるときには既にデッキの外郭(カード単位、理論単位で)は作られていることが多くて、構築の範囲も狭くなりがちです。単純に自分のプレイングスタイルに合わせた調整も含まれるでしょうし。
しかし、調整の中でクリエイターが作り出したベースデッキを上回る性能(単純性能やメタゲーム的な意味で)を出すこともあるので、ある種の需給関係とも言えるでしょうか。
クリエイター型の人は新たなデッキを生み出すことで、デッキの段階でのアドバンテージ(デッキパワー、情報アドバンテージも含む)を最大に活かして立ち回ることが目的であると思います。所謂わからん殺しを狙う側になりますし、同時に自分はわからん殺しにかかりにくくなります。
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/07/16(木) 20:51:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑文】明日と明後日の

大会(ガンダムウォー、アクエリ)はレポート書こうかなと思います。
先に宣言しとけばちゃんと書き込むだろうという思惑。
まぁ見てる人殆どいなそうですがメモ帳代わりでもあるので…。
  1. 2009/05/22(金) 19:38:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【開設】またブログはじめました。

mixiに潜伏しててホムペを疎かにしまくってました…が、娑婆の空気を吸いに出てきました。
趣味のことメインに書いていきたいと思います。
ではよろしくお願いします。
  1. 2009/01/29(木) 18:14:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。