そだね、もふー屋さんだね。

日々『頃』→『是』精進。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【アクエリ】閑話休題。

5月に新弾の発売を控えたいわゆる煮詰まった状態な今の環境の的外れぎみな雑感を垂れ流してみようかなと。
さて、「教皇の祭壇」で各勢力にカードが追加されメタゲームがどう推移するか…といったところでしたが、蓋を開けてみればどこまでも黄色い環境でした。

それぞれある程度以上の収穫はあったものの、フェニックスナイト“リュディヴィエーヌ・アンカ”が一番の収穫だったというのが率直な感想でしょうか。
“アンカ”の性能の高さは今更言うまでもないのですが、ただ単純に高性能なだけでなく、現在の黄色いカード群とものの見事にかみ合う点が強さに拍車をかけているように思います。
極端に言えば黄色い“美鈴”や“シルマリル”よりも“アンカ”のほうが今のところ有益であると。
“アンカ”の一番驚異的な点は標準装備なスキルでも火力でもなくて(いずれも高い次元でまとめられていて凶悪ですが…)、ダメージからブレイクできる点でしょう。
「皇帝の宝冠」で皇帝の威光を手に入れ、ダメージを能動的に受ける動きを取ることが増えた黄色にとって非常にデッキの挙動と合致するものになっています。
序盤の勢力ダメージで他勢力はキャラクターが出れば得られるアドバンテージが、黄色の場合はそこに皇帝の威光と“アンカ”が含まれ、それだけ差を付けやすくなるわけです。
さらにダメージからブレイクするとコストが回収される謎テキストが。自己補給能力とも言えるでしょうか。
4ファクターサイズの戦闘型ブレイクが補給を兼ねるため、結果として強力ブレイクの遭遇機会が格段に増しているわけです。

また、強力ブレイク“アンカ”を出されないようになまじ早い段階から殴り始めると、今度は“エラキス”が立ちはだかります。

“アンカ”と“エラキス”の対処法がそれぞれ大きく異なる点が、デッキとしてのまとまりをさらに強めています。
ただ強カードを詰め込んでいるのにバランスが破綻せず、組み合わせとして強固なものになっているデザイナーの意図がくみ取れる仕上がりですね。
さらに言えば、“アンカ”のみならず“エラキス”もパワー補給能力を持ち、この2種で相対的に補給を賄ってしまいます。
これはデッキ内の補給部分の比重を減らせるということでもあり、それによってデッキの「引き出し」が増えることを意味します。 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/04/24(金) 16:39:26|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】4/5グランプリ予選に行ってきました

4/5 アクエリグランプリ予選に行ってきました。参加人数6人スイスドロー
使用デッキ:白生徒会
“相楽 香津貴”でチートするわよ!なデッキ。
相方は定番“藤宮 真由美”に、“羽生 美輝”と今回は“万条目 千里”を入れてみました(ぇ

以下戦績。
1:黒セラフィックミカエル
「セラフィックフェザー」から“ミカエル”を出して焼きが効率良く行えるようにしたと思われる。
後攻。“長谷川 綾乃”がこっち見てたのでそのまま開始。
相手キャラ並べ立てエンド。
こちらドジメイドと貴族令嬢からスタート。
互いにキャラ支配でこちらの3ターン目に相手2コストセラフィックフェザー。こちらECBだけ宣言してミカエルブレイク→キャラ落ちるの流れを見てるしかできませんでしたorz
場がドジメイドだけになりました…その後もシールドキャラが増えず、ミカエルが定期的に降ってきて場が整地される状態に。効果で相手にダメージが入るのを期待するより他になかったです

2:青グッドスタッフ
教皇やらでかい“ルツィエ・フォン・フリッシュ”やら“レイピア・トゥールーズ”を並べてく感じ。サーチできるカードは種類を多めにつまれているように見えた。
先攻。じゃんけん勝てた。
先にこちら動き出す。社長ブレイク→フェザーライトを手札に。夏休み入れてればよかった…
相手もナースウィッチを出してカードを探す。
こちらグラデュエーションからフェザーライトと生徒会長ブレイク。しかしフェザーライトは「次のターンからがんばる」状態でした。
相手も教皇ブレイクして、戦闘態勢に。

こちら返しのターンに真由美ブレイク、フェザーライトはまだやる気なし。
相手ファストサーチ…何も引っ張ってこない。“レイピア・トゥールーズ”ブレイクしターンエンド。
こちら真由美でちまちま殴りつけ、フェザーライトにもようやくやる気出させる。
相手ターンにフェザーライトエフェクト起動し教皇を落とす。
さて…あとは真由美無双するだけだぜって思ったら時間切れorz
時間使いすぎました…

結果:5位
お楽しみ賞を貰えました。不甲斐なさ満点のゲームだったので反省しきりでした
  1. 2009/04/20(月) 22:26:21|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ガンダムウォー】4/5 SCSに行ってきました。

参加人数6人スイスドロー
使用デッキ:黒赤報道毒牙
4日に使ったのとほぼ同じですがGを増やしました。まだ虚偽はメインに

以下戦績。
1:黒赤フェレシュテ
入ってるカードは近いのですがこちらよりウィニー寄りでトレミーで起こしていく感じ。むしろ黒が濃い、プルトーネで増加しそうな組み方
後攻、相手事故ったりこちらOガンダム出して報道ぶっぱとかで勝利

2:青緑強奪
トップ機とかOガンダムで奪ったカードを跳ね返すような感じかなと。ガンダムウォーで合気道

後攻、緒戦は回復ないのが響き序盤の打点で押し負ける。2戦目3戦目は虚偽が効いてくれたり単純にユニット数で押し切ったりで勝利

3:黒赤毒牙
スライチックにOガンダムからジ・オまで入っている。長い目で見るとこういう作りのが強いのだろうか。
後攻、じゃんけんは向いてないのか。
先攻側が先攻のタイムアドバンテージを使ってそのままガリガリ殴りきる形になってました。
こちらは4G並ぶ前に報道ぶっぱワンチャンスあり得るのですが、まぁ引かないよなと。
Oガンダムでナドレ取られるとさすがに厳しいですね。

結果:2位

デッキがデッキなだけに後攻取ると厳しくなりすぎるのかなと。後攻から巻き返せるデッキとかあったらみんな使ってるか(汗)。
でもやはりOガンダムが一番いけない子でした
  1. 2009/04/10(金) 20:01:41|
  2. ガンダムウォー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ガンダムウォー】4/4 SCS行ってきました。

4/4 ガンダムウォーSCSに行ってきました、参加者8人 使用デッキ:黒赤報道毒牙
報道された戦争と野望の毒牙をぶちまけつつ殴るデッキです。メインから虚偽入り
以下戦績

1:黒赤OO毒牙

後攻。相手4G並び毒牙でG割られてそのまま追いつけず死亡…。
二戦目こちらOガンダム出して4G並び毒牙→完封、処断、報道で相手にロックがかかり殴りきる
三戦目、微妙な初手だったが引き直さずにスタートしたら案の定Gが止まり毒牙で追い討ちかけられる、虚偽でユニット増えにくくなってたぐらいだった

2:青緑辣腕

先攻、緒戦虚偽で相手の月面がフリーズしてOガンダムとガンダムナドレでパチパチ殴って終了
二戦目相手基本Gばっかりで虚偽とか腐る…が相手コンボパーツが出てこず、Oガンダムで星の鼓動は愛を2枚移して相手投了

3:青単スライ

後攻、相手マリガンスタート。が、1ターン目にアストナージ→陸ジムのアッー!な流れ。
次のターンにガンダムmk-2にシローで9点貰う。
こちらシローに残忍な野獣を使い打点を下げるが、Ez-8で解体されてmk-2おかわり。こちらガンダムヴァーチェを出すがロールイン。
メインは回復諦めてるのでさすがに追いつかず
二戦目サイド全とっかえw
相手3枚スタート。初手ガチ党と内部調査に密約…引き直さずに始めてみたらやっぱりG止まった。
相手のウィニーユニットに全く触れられず終了…。

結果:5位
Gが少なかったですね。4枚で動くからってガチ党入れてるからってG相当17枚はさすがに自分信じすぎですね…りゅーみんとか入れてる場合ちゃうんかなみたいな
  1. 2009/04/05(日) 09:44:15|
  2. ガンダムウォー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。