そだね、もふー屋さんだね。

日々『頃』→『是』精進。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【アクエリ】3/21 アクエリグランプリ予選に

行ってきました。参加人数6人 総当たり戦

使用デッキ:くぎゅカイザー

“G-ブレイブカイザー”中心のデッキ。新弾からは“ブレイブベース”とあと考えるのをやめてみたくて(何)「ビーム釘バット」を投入。先攻取れると信じて「キネティックシュート」とか入れてません。
“ジャスティス・ハート”が“カイザー”のモジュール役も果たすので“千頭 さとり”で引きにかかってもいいよねむしろ引かせてくださいみたいな(何)。
故に相手の「キネティックシュート」には即死するような構築です(ぇ)。
この日は、方々から遠征の方がいらしてくださりありがたい限りです。


以下内容とか順番とかかなりうろおぼえで(汗)。

1:メアリー・ピュア

先攻。
相手キャラが止まり気味なうちに“ジャスティス・ハート”と“カイザー”が突っ込み勝ち。

2:林檎入りポントスレイチェル

先攻。相手引き直すがキャラが細い。
が、此方も決め手に欠け“ブレイブベース”“カイザー”と出し戻っていった「エリスの黄金林檎」を撃たれたくないので相手のドローキャラに「超絶絶断剣~」を使いファクター2に。
返しファクター3に増やされ「エリスの黄金林檎」を使われネームが打ち上げられる。
此方のターンに“ブレイブベース”を再ブレイク。手札に「超絶絶断剣~」を移し、引いてきた“カイザー”も再ブレイクし、本体に「超絶絶断剣」でダメージ勝ち。

3:イングリッド×メルキオール

先攻。

此方手札の白キャラを支配に使ってしまいファクターが延ばせず、相手の“イングリッド”からのプロジェクトを許してしまい、ファクターを延ばすカードに乏しい此方手も足も出なくなり。
相手の“メルキオール”との組みににらまれ、ファクター延ばす→レスポンス火力で失敗となり、“イングリッド”が殴ってきて死亡。

4:桜崎 翔子

先攻。

相手少し止まり気味。“三ツ谷 奏恵”でドロー→再ドローしていくが大型は来ず。
此方“ジャスティス・ハート”を合わせつつ、“カイザー”ブレイクしフルパワーにしてから突っ込ませていき勝ち。

5:迦陵ロッソメテオレインクラス占拠入り

先攻。

相手此方に効くカードが見えないうちに、“社長”→2コスト「エクリプス」でパワーが吹き飛び、相手が停滞。 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/03/28(日) 16:12:03|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】3/14 アクエリ公認大会に

行ってきました。参加人数5人 総当たり戦 スタンダードスタイル

使用デッキ:フュージョンジャンパー・迷走中

「グラビアメイド」で後出しじゃんけん仕掛けたい白単。簡単な決め技は変わらず「デジタルフュージョン」の“不動明王”参照。
相手の「キネティックシュート」を気にしてキャラを入れ替えてみましたが、デッキがとっ散らかった印象に。
でも自分の「キネティックシュート」はありったけの1積み、なんというかお寒いです。
更に未練がましく“烏社 零”を1枚積み。相手が赤かったら手札に持ってこようみたいな


とかいう迷いまくってまとまりのないデッキぽいもの。


以下うろおぼえ。

1:メアリー・ピュア
“メアリー・ピュア”が「ダブル・インフィニティガントレット」や「アームドベース・パイライト」で究極生物になるデッキ。

先攻。

此方ドローキャラ等見えず弱めの発進。
相手“メアリー・ピュア”スタートで「ハーピィ」で勢力も安定する。

此方キャラ支配のみで推移していて、出し渋った「グラビアメイド」ブレイクして「デジタルフュージョン」で突っ込まないと駄目かもと思ってると1ドローで“社長”を引く。
早速コスト回収しつつブレイクで手札には“ジャスティス・ハート”で安心を買う。

一方相手2段目が見えず停滞する。

次ターンドローで“千頭 さとり”を引き、「セーラースーツ」→「コスプレ売り子」→5コストブレイクでやる気出し、“社長”ブレイクで回収できた“不動明王”見せながらの「デジタルフュージョン」で相手ダメージ10に。


2:タオカカ
“タオカカ”を早いターンから殴らせるデッキ。
専用カードに加え「コカトリス・ブレス」や「エリスの黄金林檎」等でフォローは万全。

後攻。引き直しました。

相手「ヒバゴン」で放置安定する。
此方引き直して「キネティックシュート」はあるが「グラビアメイド」は来ず。

相手軽量ブレイクから並べ立て“タオカカ”までつながる。
ECBで「フルムーン」が見えたので、ブレイクが2ターン目に出した「グラビアメイド」のみでまずい状態だが、ドローで“千頭 さとり”が見えちょっと考えてからブレイク。エフェクト忘れてただけです(あほ)。
パワーを“千頭 さとり”に集めてターン渡す。
相手“タオカカ”アタック→“千頭 さとり”ガードレスポンスエフェクト→“タオカカ”再ブレイク の流れが何ターンか続く。
続きを読む
  1. 2010/03/18(木) 19:38:16|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3/9 アクエリグランプリ予選に

行ってきました。参加者4人 総当たり戦 スタンダードスタイル
使用デッキ:革命キャラビート
“ジャンヌ・ダルク”に追加して「革命」を投入した、キャラクターで殴りきろうなデッキ。

「腐女子」から殴らせ出して、出てきたキャラやダメージに出てくると得するカードでがんばるよ!でも「腐女子」のカードパワー低いからなんかいい作りはないんかな~むむむ…
とかいう質問まじりな迷走まっさかり。

以下うろおぼえまっさかり。

1:不動明王

後攻。

2ターン目の殴るタイミングを逸して、相手が楽になってしまい結果“水樹 鏡花”や“魔伏せの法”などの死に札を許してしまい最後は“不動明王”が止まらず死亡。

2:ぽち

先攻。

此方打点を上げるカードが見えず、相手の2/3/3が超えられない。
此方が停滞してるのを尻目にぽちが2段までブレイクしブレイクをコストに疑似オフェンシブなぽちが強くて死亡。

3:イングリッド

先攻。

此方2ターン目に“ジャンヌ・ダルク”と「皇帝の威光」がダメージに、オフェンシブ・イニシアチブのキャラが今度は2ターン目から殴る。
相手の勢力も手伝ってくれ都合よく「革命」も引いて勝ち。


結果:3位

…権利は流れてきました。

途中にダメージ出ないなぁと思ってたらやっぱりアグレッシブが少ないという構築ミスが発覚。
あとは攻め時がわからないとかいう練度の低さを痛感したので、しばらく使い込まないとダメそうですね。
  1. 2010/03/14(日) 09:56:19|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】2/28 アクエリ公認大会に

行ってきました。参加人数8人 スイスドロー

使用デッキ:古い威光レイチェル

“レイチェル・ルォノヴァーラ”頼みの緑単。0コストの軽量ブレイク8枚+“パイモン”で展開していく古くさい構築。
「望刻の塔」まともに買えてないからとかいうのはくだらない言い訳ですね。

キャラクター枠を「キネティックシュート」で大惨事にならないよう(なつもり)に入れ替えたぐらいで新弾対応とか、笑っちゃうよ おれ死にたいのかなとかいう谷川俊太郎(何)。

以下うろおぼえ。テンションが日頃よりも輪をかけておかしかったので更にあいまいです。


1:ブレイブカイザー

“ブレイブベース”と「キネティックシュート」入り。こういう感じのを使いたかったです

先攻。

相手に「キネティックシュート」引かれてないのをいいことに此方展開していき、「エクリプス」を一度直撃するがなんとか“パイモン”が間に合う。

“G-ブレイブカイザー”と「~ネオカイザーブレード」揃う前に“ルォノヴァーラ”ブレイクに成功し、相手ダメージアウト。

2:ぽちレイチェル

“宿利原 ぽち”と“レイチェル・アルカード”と使い魔から「冬の抱擁」の威力アップしてみたり。

先攻。

相手“宿利原 ぽち”からスタートで対して此方返しにブレイク出せない。幸い何もされずターン渡す。
相手“パイモン”ブレイクし補給してエンド。
此方まだブレイク見えずエンド。
相手ターンに大型出されて死亡かと思いましたが出てこず。代わりに「冬の抱擁」が飛んできてこれを直撃。

此方また補給のみでターン返すと相手まだ大型出ずターンエンド。
此方「冬の抱擁」のレスポンスのECBで見えた“レイチェル・ルォノヴァーラ”と“パイモン”を続けざまにブレイク。補給してエンド。

相手返しに“レイチェル・アルカード”が使い魔付きで出てきてサイズ負けするが、此方細々殴っていき相手パワーが足りずデッキアウト。 続きを読む
  1. 2010/03/05(金) 23:18:11|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。