そだね、もふー屋さんだね。

日々『頃』→『是』精進。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【アクエリ】4/11 アクエリ公認大会に

行ってきました。参加人数4人 総当たり戦 スタンダードスタイル

使用デッキ:(ほぼ)「ぱにぱに×おふぁにえる」
“オファニエル”や「クラス占拠」で環境の強者な感じの甚平の御仁が載せていたデッキの(ほぼ)完コピー。
ほぼなのは、手持ちの枚数的に「予知エルフ」が3積みだからです。他はそのままなので詳しくはコピー元をご覧ください(何)。


とかいう他力本願なデッキチョイスまでの流れ。

以下うろ覚え。

ここでデッキが手抜きなので0回戦な風情(何)。

~大会数日前~

甚平の御仁(以下:甚):もしもし、ん~なんか用?
mei.A(村人)(以下:m):えぇっと実はですね…この前そちらに挙がってたオファニエルを今度の大会で使おうかなと思うんですが何かアドバ…
甚:今「恋〇空模様」と「t〇 l〇veる最終巻」で忙しいからそんなことで電話すんな(ブツッ)ツーツー……
m:Σ( ̄□ ̄)

(このやりとりは事実を基に再構成したフィクションです)

気を取り直して1回戦から。

1:ぽちレイチェル
“宿利原 ぽち”から種々のネームを並べたげなデッキに見えました。隠し味は“オーガ萩原”2段目。

先攻。
初手のキャラが「予知エルフ」と「天使と仔竜」のみ。「天使メイド」は手札にいたのでキャラを置かずにターンを渡す。
相手もキャラを支配せず勢力エリアにパワー1枚セットしエンド。
此方「天使メイド」素体見えたときに相手には既に緑3ファクターまで展開される。「天使メイド」ブレイクからようやくキャラを支配していきエンド。
相手“パイモン”と“宿利原 ぽち”をブレイクしファクター差をつけてくる。

此方3ファクターまで延ばしてターンエンド。
相手“レイチェル・ルォノヴァーラ”ブレイク宣言するが、これは4コスト「クラス占拠」で妨害。此方残パワーは1に。
すかさず相手“パイモン”が殴ってくる。「天使メイド」でガードするが「魔神転生」で返り討ちに。

此方ターン広がった勢力に、相手ターンキャラから順々に殴られてしまいダメージ負け。
手札やデッキの固まり方を見るとデッキ内容確認するためにまとめたままで、シャッフルができてなかったのかなと。なんというか馬鹿ですね 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/04/16(金) 08:05:56|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】3/28 アクエリ公認大会に

行ってきました。参加人数6人 スイスドロー3回戦

日頃あまり見かけない方も参加されてたのでありがたい限りですね。

使用デッキ:宝船入り不動明王
“宝船”の超補給力にすがりつつ“不動明王”で戦闘力をがっちりフォローしてみようなデッキ。
“不動明王”は2枚ずつの計4枚にしてあとは“水樹 鏡花”と「チャイナウェイトレス」に「幣巫女」を少しだけ。
あとは「万里の長城」と火力として「桜吹雪」にあと「宇気比」を採用してみました。



とかいう久しぶりの赤で妙なテンションになってた構築まがいな話。

以下うろおぼえ。

1:赤単反魂水樹沖田
「反魂の術」やら使いつつ、“水樹 鏡花”や“沖田 総司”で場を固め。

先攻。

此方が先に“水樹 鏡花”や“宝船”をブレイクに成功し、手札に確認した“沖田 総司”も幸い危険なタイミングに出てこず。
「万里の長城」や“不動明王”も都合よく並べられたので、“不動明王”のエフェクト使いつつ殴っていきダメージ勝ち。

ミラーマッチの簡単な勝ちパターンを辿れた所を見ると運が良かったですね。

2:イングリッド×メルキオールマジカルステージ
“イングリッド・フェアフィールド”でコスト軽くしつつ“メルキオール”でダメージやら相手ターンにプロジェクトをガシガシと。

先攻。

相手の「マジカルステージ」からの「邪印」を「明王結界」で避けつつ“不動明王”をサーチ、返しの此方ターンに“不動明王”を2段までブレイクというものすごく都合のよい展開になる…が、相手の「オルゴール」が見えてなかったのか、“不動明王”が殴りに行くフォローし難い悪手でダメージに行ってしまう。
互いに勢力キャラが並び処理に追われ場にカードを出せないでいるが、此方「桜吹雪」を引き当て5ダメージ与えてダメージ勝ち。

3:進藤家の食卓

「グラデュエーション」や「進藤家の食卓」で進藤家四姉妹勢揃いなデッキ。「ビーム釘バット」で貫通力を得たのが追い風か。

先攻。

相手「グラビアメイド」からスタート。
対して此方ゆっくり目な展開。
互いに場を高めていくのみでターン渡していくが、相手ピュアブライトネス“一色 真純”をブレイクし非ブレイクが多い此方もろにパワーが吹き飛ぶ。
続きを読む
  1. 2010/04/11(日) 15:20:30|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。