そだね、もふー屋さんだね。

日々『頃』→『是』精進。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【アクエリ】8/28 ブロックトーナメント予選in名古屋に

行ってきました。
参加人数15人 スタンダードスタイル スイスドロー
使用デッキ:赤単葛洪水樹万里
“葛洪”“水樹 鏡花”「万里の長城」に突破手段は「呪縛」+「明王結界」

和歌山、広島に続いての使用…。

とかいうやる気あるんか?と言われるとありますがデッキ的には…な駄目なやつ。

以下うろ覚え。

1:白単社長本社ビル

“斎木インダストリー”本社ビルを投入した白単。

先攻。

此方かっちり動いて相手引き直してキャラ事故るちょっと申し訳ない感じな展開で推移し、“水樹 鏡花”で殴りきり。

2:赤単葛洪水樹万里

「チャイナウェイトレス」採用で後攻を取りに行く感じなのかなと。

先攻。

相手引き直すが、赤いキャラがなくディスカードスタート。
それを後目に此方普通に動き“水樹 鏡花”から出していく。
“狭野 うらら”のコスト回収ミスで“葛洪”出し損ねて相手に“葛洪”ブレイクのチャンスを与えてしまうが、“水樹 鏡花”“狭野 うらら”が突っ込みダメージ10に。

3:白単ミコト

“烏社 零”入り。

先攻。

互いにネームは出ずにいるが、此方支配キャラを“水樹 鏡花”でブレイク。勢力キャラを“狭野 うらら”でブレイクし場を堅める。
相手ようやくアクティブ“ミコト”→エンジェリック“ミコト”とブレイク。
此方“葛洪”のエフェクトコスト回収で“龍ヶ崎 藍”が見えるが、アクセンチュアル“ミコト”に阻まれる。

此方のアタックが“ジャスティス・ハート”で通らなくなり「呪縛」待ちになるが、“烏社 零”とエンジェリック“ミコト”に本体火力を続けざまに当てられ、デッキ切れに。“葛洪”でダメージ減らし忘れました…

結果:4位

権利が流れてきてなんとか獲得できました…。
今回は攻め時を間違ってしまってたのかなと思いました。
あと勝ったゲームは相手が事故してるのが複雑な気持ちになりました。

8/29は知多半田で僕と悪手、違った握手…これも違う気がしますね(汗)。
支離滅裂ですがそんな感じで〆
スポンサーサイト
  1. 2010/08/29(日) 00:16:25|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【アクエリ・村人旅日記】8/22 アクエリアングランプリ2ndに


行ってきました。

参加人数60人 スイスドロー5回戦(+決勝2回戦)

使用デッキ:FREEZEという言葉を知っているか?「動くな」って意味と「凍らせる」って意味よ…!!(原題)

元ネタは「ゾンビ屋れい子」なのはさておき、仮想敵を白・赤・緑と想定し「茨の枷」と“テミス”を投入した緑単。相方は定番の“雪乃”(ゆっくりアンエイジ)に今回は“デメテル”(“テミス”と噛み合わないけど優秀な補給線+名称:女神)、“ペルセポネ”(“デメテル”と一緒に出しやすい名称:女神+赤緑スペル回避)と、“カリタ・ヴィルクリスト”(盤面維持+突貫役 非女神)を採用。
他には“テミス”との相性から「ミューズの森」(必サツ技!?)と「ベルゼバブの渇望」(キャパシティ-Xに超打点)を投入。

当初は“テミス”を気にして「甘えさせ悪魔」採用でしたが、先攻・後攻での振れ幅やそも補給が足りてなかったりで、周りの方々の助言で数日前にこの形に。

アイコン上ドロー偏重なキャラ組成(+展開)で“テミス”での手札調整することもままありますが、コンボ要素が濃くなっていたデッキ自体の動きとは合致していたのかなと。


とか言う自己満たっぷりな駄文。

以下うろ覚え。

1:緑単モンスター
「スプラウト」「リトルブラウニー」「恐竜少女」等の優秀な軽量群から“エアリアル”“シルマリル”まで繋ぐ。

後攻。

相手勢力放置しつつ緑キャラ支配スタート。
此方「クリムゾンメイド」で切り返し。

此方“雪乃”をコスト戻しつつブレイクしコントロールに。
その間に相手「リトルブラウニー」などで場を広げていくが大型は出ず。

此方“デメテル”“ペルセポネ”“テミス”と並べ立て「ミューズの森」で時間稼ぎ。
此方の6/7/7“テミス”がブレイクスルーで殴っていく。相手のファストのコスト支払いが足りなかったりでそのまま殴りきる。

2:白単ミコト
補給線に「私の執事」を採用されてました。

先攻。

此方初手キャラが「犬耳幽霊」「学生破戒僧」「予知エルフ」のみ。
8枚から始めたくてターンを渡してみるが相手キャラ置いて動き出す。

此方「犬耳幽霊」支配スタートで次ターンに緑キャラが止まり、その間に相手「私の執事」等で場を堅めて“ミコト”ブレイク。エンジェリック化されインセプキャラが霊能者♂指定で全滅し、殴りきられる。

続きを読む
  1. 2010/08/27(金) 21:04:07|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】8/15 ブロックトーナメント予選in広島に

行ってきました。スタンダードスタイル 参加人数15人 スイスドロー
使用デッキ:赤単葛洪水樹万里

“葛洪”で補給を整え“水樹 鏡花”で盤面を堅めるデッキ。
「万里の…むしろ1週前に和歌山で使ったのと同じデッキ…(汗)。


とかいう手抜きをグランプリ前だからと宣う言い訳。

以下うろ覚え。今回は3人で広島に行きました。

1:ジャンクバスター

“柴原 瑞樹”に「ジャンクバスター」から「月面基地」「ピアスデモン」やらを装着してアタック。

先攻。

相手派手に勢力放置して殴らせるがダメージにパーマネントがなかなか落ちない。最終的に手貼りの「ジャンクバスター」2枚+「月面基地」とダメージセット「ピアスデモン」で14点になるが、此方“龍ヶ崎 藍”、“狭野 うらら”+「万里の長城」、“葛洪”2段、「明王結界」で打点減らしつつダメージの「呪縛」を使い回しで、“狭野 うらら”が突っ込んでいき相手デッキ切れに。

2:緑単鬼

軽量ブレイクから鬼中心の組成で“温羅”“鈴鹿御前”に繋ぐ。

後攻。

相手緑のキャラが出てこず勢力放置もできない。
此方その間に目一杯展開し殴りきる。

あまりにあっさり終わったのでもう一度フリー対戦を申し込むと、“温羅”が出てきて返しに「万里の長城」で耐えようかというところで3回戦目のアナウンスが。

3:ミコト占拠
“ミコト”に「クラス占拠」「時限式爆弾」を投入しミラー耐性を付与。身内対戦になりました。
先攻。

此方順調なキャラ支配で相手若干詰まった間に、“龍ヶ崎 藍”をブレイク。
相手“ミコト”を立てるが、此方も“葛洪”をブレイク。
エンジェリックアイドル“ミコト”に本体火力を2度喰らいデッキ0枚になるが、「呪縛」からのアタックで相手ダメージ10に。
続きを読む
  1. 2010/08/24(火) 13:49:47|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ寄り】グランプリ2nd前日・徒然?

グランプリ2nd前日いかがお過ごしでしょうか、mei.A(村人)ですごきげんよう(ぇ)。

さて、今回は「調和の杯」環境最初のチャンピオンカーニバル権利がかかった大会ですが、日頃メタゲーム何それ何味?と考えるのをやめたmei.A(村人)には難しすぎて正直困りますね(何)。誰か教えてって感じです(丸投げ)

赤・青・緑に関して言えば昔はレジスト云々以前に挙動的な所で有利・不利が生じてましたが、最近はとみにそれを見事に裏切るやつがいたりしてなんとも。
いや“ウラン・M・ライホルド”使ってて“カリタ・ヴィルクリスト”出されて見事にfreeze(ポリスだけに…今うまいこと言った!)(馬鹿)して悔しかっただけです。

青は“水樹 鏡花”とか“阿武 巳弥”“塩津 清良”で簡単にデッキ否定されるのに、緑にはそういうのがあまりいないなぁと思ったり。
まぁ精神攻撃がメタられているのかもしれませんね。…つまり「俺は精神攻撃をやめるぞ阿羅耶識~!」って言えばいいのか!?って思った数秒後にそれだと相手にすらしてもらえないかもとかいう思考が浮かんだあたり発想が貧困なのかもしれませんね…。

それは置いといて(なら言わなきゃいいのに…)明日は私も参加しようと思いますので背中に大分弁「よだきぃ」と書かれたTシャツを着た可哀想なやつがいたらほぼそれはmei.A(村人)かと思われます。

前回グランプリ1stで何人かの方に気付いてもらえたのですが…正直びっくりと焦りで挨拶もろくにできない体たらくでしたので、今回はそれはないようにしたいなあと思います(今回の第一目標)。
見かけた方は「とっとと村に帰れや田舎モン」とか声をかけてくださいね(ぇ)
  1. 2010/08/21(土) 08:57:55|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】8/8ブロックトーナメント予選in和歌山に

行ってきました。スタンダードスタイル 参加人数8人 スイスドロー
使用デッキ:赤単葛洪水樹万里

“葛洪”で補給を整え“水樹 鏡花”で盤面を堅めるデッキ。
「万里の長城」で簡単アクエリアンエイジを目指します(ぇ)。


とかいうほぼ完コピーなのに知ったふうな口をたたく勘違いアクション。

以下うろ覚え。

1:迦陵ロッソオファニエル

“迦陵頻伽”を量産して盤面と“ロッソ”の出力を強化。1積みの“ザドキエル”がチャームポイント。

先攻。

此方勢力放置しつつスタート。相手「天使メイド」から始める。
此方“葛洪”“龍ヶ崎 藍”“水樹 鏡花”まで並べ立てたときに相手ネームが“オファニエル”のみ。
危険なタイミングで「アクティブステルスシステム」がなかったため「呪縛」+「明王結界」で“水樹 鏡花”が突っ込んでダメージ10に。

2:白ワーカー本社ビル
“斎木 麗名”“新島 さとみ”などなどに「本社ビル」を建造するデッキ。

先攻。

相手引き直すが、つらそうな初手支配。

相手が“斎木 麗名”ブレイクするがキャラを取るような段階の状態で此方“葛洪”“狭野 うらら”“厳島 美鈴”まで並ぶ。
此方“厳島 美鈴”でゴリ押ししていって相手ダメージ10に。 続きを読む
  1. 2010/08/21(土) 08:20:00|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】8/7ブロックトーナメント予選in福岡に行ってきました。

スタンダードスタイル 参加人数13人 スイスドロー
使用デッキ:フュージョンシュート

「デジタルフュージョン」で早いターンにダメージ勝ちを狙うデッキ。

参照したいカードは定番の感がある“不動明王”2段。…というか「全員集合アイドルコンサート」を足した以外はさして見る所はありませんでした。
あと大会始まった後に「キネティックシュート」を入れてないことに気づきました…笑えません。
とかいう迂闊満載な仕上がり。

以下うろ覚え。

1:緑単雪乃レイチェル

“雪乃”に“パイモン”“レイチェル・ルォノヴァーラ”と如何にもスタンダードなデッキ。

後攻。

相手「小悪魔ウェイトレス」支配のみスタート。対して此方順調なスタート。
相手2ファクター時に“雪乃”をブレイク宣言するが、此方レスポンス“ソラ・エニシダ”でファクターを削る。
此方「全員集合アイドルコンサート」で“千頭 さとり”を回収、4コストでブレイク→“烏社 零”ブレイク(手札の“不動明王”参照)。でパワー補給しターンを渡す。

相手目立った動きは取れず、返しのターンに“烏社 零”から総攻撃しダメージ10に。

2:緑単雪乃アシュレイレイチェル
「ブラーク」「サタンの激昂」等も見えました。

後攻。

相手そんなにブレイクは並ばないが、此方あまり妨害できないでいるためファクターは延びていく。
相手ファクター5にしてから“レイチェル・ルォノヴァーラ”ブレイク。此方妨害できず通ってしまう。

此方自分のキャラをブレイクした“ジャスティス・ハート”で防御しようとするが、相手“パイモン”から補給差を広げていく。
“夜羽子・アシュレイ”のエフェクトは“ジャスティス・ハート”のエフェクトで回避、再ブレイクで耐える。

相手自分のターンに「魔神転生」で「貴族令嬢」のパワーを剥がしてくる。此方レスポンス「デジタルフュージョン」で“不動明王”を参照しインターセプト+サイズを与える。
相手「ミッドナイトプレジャー」を使いサイズで超えられてしまう。打点が通り此方ダメージ10になり死亡。
続きを読む
  1. 2010/08/14(土) 00:09:31|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8/1 アクエリ公認大会に行ってきました。

8/1 アクエリ公認大会
スタンダードスタイル
参加人数7人 スイスドロー
使用デッキ:ミコト跳躍

“ミコト”を中心にしたコントロール系デッキ。
スタンダード対応してないですが、グランプリ前ですしって感じでそのまま使用。


とかいうある種の舐めプレイ。


以下うろ覚え。


1:不戦勝

この間にデッキの中身を確認してました。抜けているカードがあったので慌てて補充…。


2:白黒ミコト占拠

“ミコト”に「クラス占拠」「時限式爆弾」を投入し、ミラー耐性を高めた作り。

後攻。

相手普通にスタート。此方「グラビアメイド」で切り返し。
相手の捨て札で“ミコト”が見えて先出しゲームの様相…が、相手デュアルのルールを勘違いしていて、アクティブアイドル“ミコト”を出せたのだが出さずに推移。
迂闊にもアクティブアイドル“ミコト”を入れてなかった(汗)此方、「全員集合アイドルコンサート」からアクセンチュアルアイドル“ミコト”で、パワー1の「グラビアメイド」をブレイク。
相手に「クラス占拠」を撃たれずに済み、“ミコト”を維持できて勝ち。
…やはり少しはアクティブアイドルを積まないとなと痛感。


3:ぽちレイチェル
“宿利原 ぽち”から“レイチェル・ルォノヴァーラ”などをぽこぽこと。隠し味は赤い“塩津 清良”に“影月”と“山桜桃姫”

先攻。

此方一拍置いてみて「グラビアメイド」で切り返し。
此方「全員集合アイドルコンサート」からアクセンチュアルアイドル“ミコト”をブレイク。“ぽち”が留守番中に重ねブレイクで場を荒らし、殴りきる。


結果:1位(2-0)

一回ごっちゃんゴールがあったのは素直にありがたかったですね。エクストリーム仕様でもデッキの根幹が高い除去・展開性能を備えているので、安定して動きますねぇ(何)。
強力故に対ミラー戦が課題になるでしょうから、今回の対戦内容を次に活かせていけたらなと思います。
  1. 2010/08/12(木) 18:31:12|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】公認大会ダイジェスト風味。

7/25 GP2nd予選
エクストリームスタイル 参加人数5人 スイスドロー
使用デッキ:青単ライホルド

“ウラン・M・ライホルド”を中心にした青単。
いろいろとごちゃごちゃいじくってみました。


とかいうコピペメモ帳な駄文。


以下うろ覚え。

1:赤単伊勢塩津
“伊勢 あかり”“塩津 清良”「類感調伏法」やらが投入された赤単。“葛洪”や“狭野 うらら”除去出来るからそんなに腐ったりはしないのかなと。


後攻。

「類感調伏法」が飛び交うが、その代わりか相手に大型が出ない。
此方先に大型ブレイクを出しじっくり殴っていきダメージ勝ち。

2:赤単葛洪水樹

“葛洪”“水樹 鏡花”“龍ヶ崎 藍”「万里の長城」でがっちりキャッチ(?)

後攻。

相手が少し止まってるうちに此方の大型ブレイクが並び、「万里の長城」も貼られずに済みアタックができ勝ち。

3:ぽち+緑ファッティ
“宿利原 ぽち”から“シルマリル”や“レニ”と“ルッツ”を並べて殴るデッキ。

後攻。

相手そのままターンエンド、此方返しのターンに普通に開始。ここで待たないと切り替えされてしまうのに始める愚行(汗)。
相手“ぽち”で切り返し。

“雪乃”は出てこないが、此方も場を崩しきれない。その間に“ぽち”が2段目になる。

相手に“レニ”と“ルッツ”を出されてしまい、イニシアチブが強く止められないでそのまま殴りきられる。


結果:2位(2-1)

デッキ的に初手を見て始めるかをしっかり判断しないといけないのに、普通に始めてしまってはなんとも救えません。
初犯じゃないところがそれに拍車をかけていますが…。
あまり盤面のイメージできていないのかなと自分で思ったのでまずはそこから始めていこうかなと思います。 続きを読む
  1. 2010/08/12(木) 09:36:43|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。