そだね、もふー屋さんだね。

日々『頃』→『是』精進。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ガンダムウォー】GT7都市大会福岡

に行ってきました。
Bブロック 約50人参加
スイスドロー5回戦
使用デッキ:聖杯イングリッドもどき@大分レアル・トマト

ユニット
3 アンマン
3 ボール改修型
2 北極基地
3 謙信ガンダム
3 ユニコーンガンダム
2 フルアーマーガンダムmk-2
1 ユニコーンガンダム(デストロイモード)

キャラクター
2 アストナージ・メドッソ

コマンド
3 V作戦
3 急ごしらえ
3 政治特権
3 火急の措置
3 周辺警護
3 戦いに戻る理由
1 ニュータイプの再来

1 報道された戦争
3 報復行動

G
5 青
1 黒
2 地球連邦政府高官

サイド
2 ガンダムF91(ハリソン機)
1 サウス・バニング(9th)
1 ユーグ・クーロ
1 母よ大地に帰れ
1 THE ORIGIN
2 抵抗する意志
2 確固たる一歩

青タッチ黒のいわゆる報復ユニコーンです。
対戦時間・構築時間が取れないのが想定できたので、なるたけプレイングに依らないデッキ選択にしました。

アンマンの国力ブーストの安定とユニットの戦闘力の維持にアストナージを投入。
デストロイモードは当初積む予定はなかったのですがサーチよりも単純な戦闘力が足りない場面があったのでやむなく投入。
ペーネロペーが入ってないのは出ずに勝ちたかったので単純に思考から外れてました。気付いてなかっただけです。

以下うろ覚え。

1:茶単MF
バーサーカーモード非採用で、場をがっちり固める作りに見えました。

1 相手Gが止まってるうちにフルアーマーで半ロックしつつ殴りきり。
2 ブースト謙信ガンダムでコインもろとも殴りきり

2:青単中速
ブースト要素は少なめ、非ガンダム隊でデンドロ+ステイメンやら。

1 ブースト失敗して互いにターンを返すと相手に先に謙信ガンダムで殴られてしまう。
報復行動で切り返せなくなってしまい、ユニコーンを出すがペーネロペーを積まなかったのが結果大失敗に。シーブック(17th)も付けられサイズ差が埋まらなくなり2回殴られた所で投了。
2 こちら引き直してスタート。相手ユニット引かずぐだぐだになるが、先に相手にステイメンからペーネロペーを出されそれに対処ができず死亡。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/11/28(日) 12:03:52|
  2. ガンダムウォー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【村人旅日記】すごく今更…(汗)ブロック中部レポート。

約32人参加 スタンダードスタイル スイスドロー
使用デッキ:巫女万里
“龍ヶ崎 藍”“狭野 うらら”“水樹 鏡花”等で場を固めていくデッキ。
最終到達点を“葛洪”2段か「万里の長城」に定め、それに到達できる動きを目標にした作りを目指しました。
“葛洪”1段は調整当初入れてましたが、デッキを圧迫したり同色対決が少ないだろうとアタリを付けてたりで抜けていってました。
2段の枚数は「万里の長城」との兼ね合いから多量のファクターを出す作りになっていたのと、剥がされたときのリカバリーを加味したらいつの間にか3積みに。
あわよくば出すとかじゃなくて最初から到達点として意識しているからってのもあるかもしれません。
ファクター確保役には「幣巫女」と「看病娘」懸けの「節分巫女」を選択。
「チャイナウェイトレス」はキャラの性能維持・ゲーム内での取捨選択が煩雑に思えたのと、序盤より中盤以降にファクターを要することが多かったので今回は非採用です。
…寧ろ(グランプリ2nd以降)サーチキャラを前提として色々なキャラを細かく入れるのが地元でのデッキ構築の基本になりつつあったので、今回の形を試してみたらよくなじんだってだけかもしれません。

とかいうわかったふうな文言を延々と連ねる謎行動。


以下うろ覚え。


1:リルナ入り血盟リチュアル
「血盟」+「カースリチュアル」のセミコンボに“リルナ・ティル・パルパ”で不足しがちな戦闘力・補給力を補った形に見えました。

後攻。

相手“リルナ・~”1段は出るが後が続かず。此方もネームが出ず“リルナ・~”や軽量に小突かれる。
ダメージの乗り方に助けられ此方「幣巫女」「忍者装束」でファクターを出し“葛洪”を立てる。
相手に切り返されなかったので、“水樹 鏡花”“龍ヶ崎 藍”と繋げて「桜吹雪」で押し切り。
中盤までが“リルナ・~”2段やらで死ねたので相性に対してつらいゲームでした。

2:スキャナービート
“ブリギット・カストル・ノーム”や「魔力付与」、「リザレクション」やらで2ファクター域ブレイクで殴るデッキに見えました。

後攻。

相手キャラをパワー1枚で放置スタート。此方しっかりキャラ支配していく。
相手キャラが続かず事故ぎみでファクターが伸び悩む、此方それをよそにコスト戻しからネームを並べていき「万里の長城」もセットし安全を買いつつ殴りきり。
先攻で躓くと流石に追いつくのは難しいですね…。 続きを読む
  1. 2010/11/07(日) 18:21:01|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。