そだね、もふー屋さんだね。

日々『頃』→『是』精進。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【アクエリ】4/27 アクエリ公認大会

に行ってきました。
6人参加 スイスドロー エクストリーム
使用デッキ:ヴァルトラウテ
“ヴァルトラウテ”を基軸にしたデッキ。
「イースター」「パスハ」やら定番とパーツと今回は「ラビッシュウォリアー」を試してみました。

とかいう今更感満載なデッキ

以下うろ覚え。

1:スイレンデュアル

“スイレン・オクリーブ”のデュアルを基軸にした青デッキ。

先攻。

相手キャラ支配のみで推移しているうちに此方“ヴァルトラウテ”を立てる。
相手“スイレン・オクリーブ”をブレイクするが非ネームブレイクは出てこず、“ヴァルトラウテ”がのさばり殴りきる。
2:黒天使
“ライカ”“code-301655723”から、“ザラキエル”につなぐ。

先攻。

此方キャラ支配のみで推移し、相手が無理矢理に出した“ライカ”でドローキャラが落ちる。

此方次ターンに軽量ブレイクから“ヴァルトラウテ”2段まで繋がり、パワーを補給する。
相手“code-~”→“ザラキエル”を出すがそこから続かず、此方“アンネローゼ・ノルトライン”と「ラーの光」を引き当て軽量ブレイクを超えて殴りきり。


3:青ミスティック
“イオ・プロミネンス”“ステラ・ブラヴァツキ”“スカイライン”等見えました。「ダークネスペイン」入り。

後攻。

此方引き直すが軽量ブレイクは見えず。
互いにキャラ支配のみだが、此方1コストで「甦生」使用し3ファクターに延ばしてから「パスハ」で“ヴァルトラウテ”を指定するが、レスポンス「ダークネスペイン」で此方の「ティーチャーエルフ」が落ちファクターが足らず解決失敗…。
相手“ステラ・~”をブレイクしパワーを集める。此方「イースター」で「ラビッシュウォリアー」を出すが何故か勢力エリアにでなく支配エリアに出してしまい、“ステラ・~”に簡単に除去させてしまう。
返しに“イオ・~”をブレイクされアタックを止められない。此方の勢力アタックを“ステラ・~”で打点を上げられダメージ死。


結果:2位(2-1)
既存のヴァルトラウテデッキと差異がなかったのがなんとも。
後攻でもゲームになるような作りを目指すべきだとは思うのですが、特性を活かそうとすると前につんのめった感じになって結果的に課題にあげてたものから乖離するあたりがちょっと切ないですね。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 13:47:47|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】4/24 アクエリ公認大会に

に行ってきました。
7人参加 スイスドロー エクストリーム
使用デッキ:メテオドラグーン
「メテオレイン」で簡単アクエリアンエイジをしたいデッキ。
ドラグーン軸で“ロッソ”やら“アズーリ”やら“ァヴニー”やら詰め込みつつ今回は「天使執事」も投入。

とかいう迷走しっ放しで悲しくなってきた

以下うろ覚え。

1:白ワーカー寄りティアナ
“ティアナ・ランスター”+関連カード+「ブランニューストーリー」にワーカー要素を追加。

後攻。

此方2ターン目に「天使執事」から“ロッソ”をコスト戻しつつブレイクするが、パワーに埋めた“ァヴニー”1段を戻し忘れたせいでネームが増えずファクターを削れない。
相手の“ティアナ・ランスター”に此方の「天使艦長」のバインドを使われたりで場が増えない。
相手の“斎木 遊名”ブレイク→「ブランニューストーリー」→「“ティアナ・~”専用デバイス」→「ファントムストライク」で、テキスト誤解してたせいで“ロッソ”を捨て札してしまい此方の場が「フロストドラグーン」のみに。
そのまま「デバイス」付きの“ティアナ・~”に撲殺される。
“ロッソ”がいても耐久力6を倒せなかったので結果的にさして変わらないと言えば聞こえはいいですが、テキスト誤解して“ロッソ”捨て札するとかむしろ“ロッソ”出しといて白に負けるとか

2:不戦

いろいろと打ちひしがれてました

3:スノウヴァイオラ
“スノウ”2段を“ヴァイオラ”でがっちりサポート。

先攻。

相手2ターン目に黒キャラが止まりファクターが延びない。
此方3ターン目に“ロッソ”をブレイクし即アタックで、「オートマトンメイド」を落とす。
相手に“ロッソ”を対処されずにすみダメージ10に。

結果:4位(1-1 1不戦)

今回はなんとも不甲斐ない内容でした。
カードテキストを確認したのに処理を間違うとか、どうやら20字前後の短文も読めないようです。
アクエリ以前に「新しい国語」とかで勉強しようかなと思いました。
  1. 2011/04/30(土) 12:52:36|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【もふー旅気分】ブロック予選in広島。

ブロック予選in広島に行ってきました。

18人参加
エクストリーム スイスドロー5回戦
使用デッキ:女神アルカード
“デメテル”から名称:女神を並べていって最終到達点は“レイ・アルカード”

とかいうすごくありきたりなデッキ


以下うろ覚え。

1:青単グッドスタッフ(?)

特にうろ覚えになってしまってて悪いのですが(汗)…相手の“リリス”の返しに、此方がネームを並べ立てるのに成功して押し切った…はず。

2:スカラービート
“セレン・エルシー”でオフェンシブ・ディフェンシブを与えつつ“ザドキエル”や「MI6」で妨害するデッキ。やや除去が多めに見えました。

此方“ペルセポネ”が見えず相手の精神攻撃が突破できない。相手“セレン・~”をブレイクしてからオフェンシブアタック開始。“ザドキエル”も出てきて此方動きが鈍くなる。
此方「エリスの黄金林檎」→“レイ・アルカード”ブレイクで“ザドキエル”を指定しパワー2枚セットする。
相手にアタックを継続されるが時間切れ引き分け。
3:黄単モンスター
「使霊」「もくらシスターズ」等から固めて“シルマリル”を出しつつ「アトモスフェリック・ビースト」で殴っていくデッキ。

此方“デメテル”から展開していく、相手「アトモスフェリック・ビースト」をコスト戻しつつ出していく。
此方“レイ・アルカード”をブレイクし「アトモスフェリック・ビースト」を落として場で優位に立つ。
相手に“レイ・アルカード”で超えられなくなり、そのまま殴りきる。

4:G-ブレイブカイザー
“G-ブレイブカイザー”を出して、「超絶絶断剣ネオカイザーブレード」かアタックで殴りきるデッキ。

相手キャラが1ターン止まるが、“ブレイブベース”をブレイクし“G-ブレイブカイザー”を手札に移す。
此方“レイ・アルカード”をブレイクし“ブレイブベース”を落とす。
相手にファクターが足らず“G-ブレイブカイザー”を出されずに済み、殴っていき相手ダメージ10に。
続きを読む
  1. 2011/04/30(土) 12:50:40|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【もふー旅気分】4/16 ブロック四国予選、非公認大会に行ってきました。

ブロック予選in徳島。

7人参加
エクストリーム スイスドロー
使用デッキ:黄単オーダー
「インペリアルオーダー」を軸にした黄単。
“シルマリル”と“諸葛孔明”に“ネフティス”で盤面を強固にし“アルス+クランジェリカ”で〆。

とかいう理想を謳ってみた感。

以下うろ覚え。

1:黄単オーダーエラキス
「インペリアルオーダー」からの“エラキス”の重ねブレイクを狙う“ミリアム・レムリアース・シリウス”等も見えました。

相手“エラキス”+“ミリアム・~”+「インペリアルオーダー」の場に対し、此方“諸葛孔明”+“シルマリル”+“ネフティス”で、手札の「次元の檻」を使いそうになるが、此方の場が先に広がってた分パワーとダメージに余裕があるのに気づけて、殴っていき相手ダメージ10に。

2:メディアアシッド
“メディア”でアイコンを付与し、「アシッドクラウド」で一掃。「霊体剥離」も追加されていました。

相手の「イモータルヴァンパイア」のコスト戻しに“諸葛孔明”を合わせたり場に出したりとかできず、此方が動くのにレスポンス「アシッドクラウド」→“メディア”エフェクトで動けず…な状態が2回起き此方ターンに、5コストの「次元の檻」を使い手札と合わせて「守護執事」4回アタックを試みるが、レスポンス「アシッドクラウド」で封殺され、返しのターンに此方ダメージ10に。
3:ミューズテミス+アヌビス+シトロン
“テミス”か“アヌビス”+“シトロン”+「ミューズの森」で圧力をかける緑黄。

相手に“テミス”を出され、此方「インペリアルオーダー」からの展開を諦めてしまう(…が、「オーダー」捨てた後に“ネフティス”出したらダメージ受けなくなるのに気づいて憔悴する)。
相手に「ミューズの森」を使われパワーと手札が削れてダメージが溜まるがかろうじて生存し、“アルス”דクランジェリカ”を場に出す。
1回“アルス”~でアタックして出た相手の勢力キャラクターを相手の勢力フェイズに攻撃力を上げ相手ダメージ10に。

結果:3位(2-1)

かろうじて本選の権利を獲得できました…、なんとかこの権利を活かしたいところですね。デッキ自体は完成形は非常に強力なのですが、やはりそこに至るまでの安定性をどうやって得るかが課題と言えるのかなと思えました。 続きを読む
  1. 2011/04/24(日) 23:06:39|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ寄り】ちょっとだけ真面目ぶった雑文。

「女帝の聖楔」「なのはvivid」から一段落していよいよブロックトーナメントといったところ如何お過ごしでしょうか?そだね、mei.A(もふー屋さん)だね(馬鹿)。

さて、今年度のチャンピオンカーニバルの権利のかかった最初の大会となるブロックトーナメントですが…今年は例年と違い中四国が中国・四国と分離して8カ所開催になってますね。

「アクエリ祭り」の中で行われるわけですから、地方のプレイヤーどうしでのつながりを作るいいきっかけが一つ増えるので手放しで喜ぶより他にないですね。

またトーナメント的にも、地方プレイヤーの門戸が広がったというのは大きいかなと。
とかく中央集権になりがちなTCGのトーナメントシーンに於いて非常にレアなケースですね。

…特にブロッコリー様はこれまで毎年チャンピオンカーニバルの出場者に旅費・交通費を提供しているため、地方プレイヤーがチャンピオンカーニバルに出場できる可能性と費用が増加する可能性が比例するにも関わらず、ブロックトーナメントの回数が増えているというのは、ある意味地方プレイヤーが試されていると言えるのではないでしょうか。

メーカー側が他社では有り得ない領域で、地方に根ざした活動を継続的に行ってくださってるからには、プレイヤー側もいくばくかの成果を以て応えないといけない(って誰かに言われた記憶が…)。

成果が見えないとブロックトーナメントの意義に疑問符がわくかもしれない。

となるとブロックトーナメントそのものもなくなってしまうかもしれない。

極端に言えば自分の地域は自分の地域から参加権を取らないと地方プレイヤーに対してのチャンス提供として機能してないことにならないかと。



とか大それた話になってしまいましたが、どっちかと言えば遠征してる側なのにこんなこと言って自分はどないやねんってやつになるのかな…って感じですが、地方民としての立ち位置だとそんなふうに思ったり。

まだまだ開催まで間がありますが実に楽しみですね。
  1. 2011/04/15(金) 21:30:07|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】4/3 アクエリ公認大会に行ってきました。

ブロック九州の権利は女神アルカードで2回白踏んで相手の事故に乗っかる感じで取れました。まずは一安心(何)

気を取り直して。

4/3 公認大会 6人参加
エクストリーム スイスドロー
使用デッキ:codeザラキエル
“code-301655723”で“ザラキエル”やら“ミカエル”を釣り上げるデッキ。
炎天使“ミカエル”と「火星」天使“ミカエル”を両方入れたので「ひな祭り天使」と「セラフィックフェザー」を両方とも投入。

とかいう完成されたものを弄って劣化させた感。
以下うろ覚え。

1:works274+オクタヘドロン
“works274”でキャラ単位のアタックをやりやすくしたクリーチャーデッキに見えました。除去耐性も「オクタヘドロン」で付与。

先攻。

此方の“code~”ブレイクにレスポンスで「オクタヘドロン」を使われ、支配の「グラビア天使」を捨て札され此方場を固めきれない。
相手大型が見えないが細かく殴ってくる。此方“code~”で相討ちを取りに行くとレスポンス「オクタヘドロン」。ダメージから“ミカエル”を出せず“メルキセデク”を出す。
此方“ミカエル”をブレイクするが軽量の増えた相手の場はほぼ変わらず。
相手“works274”をブレイクして軽量から殴り出す。此方ガードするが“works~”で相討ちを取れない。相手も突破手段を欠き仕留めきれず時間切れに。負け戦臭がすごかったです
続きを読む
  1. 2011/04/10(日) 11:10:03|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】3/23 公認大会、3/27 ブロック予選に

に行ってきました。

3/23 公認大会 8人参加
エクストリーム スイスドロー
使用デッキ:タイムチェイス
天使デッキに「タイムチェイス」とプロジェクト+カウンターを組み込んだデッキ。
「拡散パニッシュメント」と「バタフライエクスプロージョン」に「仙術書」にしました。

以下もっそいうろ覚え。

1:赤単霊能者
互いに9ダメージでネームが相討ちして引き分け。

2:思い出せない…(馬鹿)。
確か時間切れ引き分けだったはず。

3:青クリーチャークラリス重ね

「タイムチェイス」→「バタフライ~」→「夢幻抱擁」で避けられてがっかり(馬鹿)、ぐだぐだするも「アクティブステルスシステム」で殴りきり。

結果:順位不明(1-0-2)

「タイムチェイス」自体は悪くないなという印象を受けましたが、判断力(盤面と相手のデッキ)とデッキ構築のバランスを問われるので、見た目より難しいのかなとか思ったり。


3/27 ブロック九州予選
8人参加 エクストリーム スイスドロー
使用デッキ:緑パワコンアルカード
“レイ・アルカード”と「レヴィヤタンの嫉妬」や「冬の抱擁」とあと「女怪」を詰めたデッキ。

以下うろ覚え。

1:黒単マシン
“ユーフォルビア”“P-Ⅲ medousa”“SARASA”で“ロッソ”をフォロー。

“ユーフォルビア”いるのに“ロッソ”を軽量ブレイクで倒してしまい、“ロッソ”を再ブレイクされて此方の場がぐずぐずに。
“P-Ⅲ medousa”で後詰めされ「エリスの黄金林檎」で打ち上げるも、盤面の見通しができずに不利交換になるパワー采配をしてしまい死亡。

2:青単ミスティック

“イオ・プロミネンス”やら“アイビット・レジャー”やらで殴っていく。

此方が遅い展開の状態で相手に“イオ・~”を出される。
此方“イオ・~”が止められず殴りきられてしまう…。

3:女神アルカード
季節の女神を並べつつ“レイ・アルカード”で詰め。「茨の枷」入り。

相手が“レイ・アルカード”を引かないでくれて、此方が先にブレイクし機先を取る。
「冬の抱擁」を使い殴ろうとするが、パワー采配ミスでレスポンス「ベルゼバブの渇望」されて殴れず。
相手に「~黄金林檎」を使われてぐだぐだしてると時間切れ引き分け。

続きを読む
  1. 2011/04/01(金) 20:58:37|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。