そだね、もふー屋さんだね。

日々『頃』→『是』精進。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地方とチャンカーと私。

皆さん新年あけましておめでとうございます。

さて、今回はちょっと真面目な話です。多分当事者側で表立って言う人が少ないんじゃないかなと思ったので、それにかこつけて言いたいこと言います。ご意見等ありましたらコメントにお願いします



先日、ありがたいことに「チャンピオンカーニバル2012」の参加書類が送られてきました。
既に届いた方も指摘されてたのですが、上位入賞の賞品の一覧に「次回チャンピオンカーニバル参加権利」が入ってませんでした。
これが意味する所は、
・次回のチャンピオンカーニバル開催が未定
・優勝者も権利大会に出るように

の2つのうちのいずれかではないでしょうか。
『書くの忘れてた』というのは、間違った部分を訂正した書類をわざわざ後日発送してくれてるので、有り得ないでしょう。
・「優勝者も権利大会に出るように」というのは、優勝した人としてはたまったものじゃないでしょうか、より白熱した環境になるからいいんじゃないかなぁと思います。

問題なのは、チャンピオンカーニバル開催が未定 のほうですね。

未定というより、ニュアンスとしては中止に近いものと言えるでしょうか。
これはひとえに主催者側から見て「チャンピオンカーニバル」が不必要と思われたんじゃないでしょうか。

元来地方で少なかったカードゲームの公式イベントを、地方を含めた全国で「ブロックトーナメント」という形で毎年開催し、その中に「チャンピオンカーニバル」の旅費を含めた招待を組み込むというのは地方民にとってかなり厚遇されていたわけですが…近年は、都内での開催になっており、海外に招待されたりそれを見ていた方々からは不評のようですが、地方の人間からすれば、海外も東京も旅費の問題は大なり小なりあるわけで、東京での旅費を提供してもらえる時点で至極ありがたいです。

しかし、過去三年間「チャンピオンカーニバル」で非関東民が権利放棄しています。
そのうち一回は前年度チャンピオンだったりするわけですが…権利が流れて参加できる方がいたり、流した方もそれぞれやむにやまれぬ事情があったものとは思いますが、遠方の人間が旅費の問題で阻まれていた公式イベントの参加を公式側からフォローしているのに、参加していないのは事実で主催者側から見れば、「あれ?開催する意味なくね?」って思っても致し方ないですね。そのぶんの費用を別のところに回す方が会社としてよほど建設的ですし。

モチベーションの格差は人それぞれあるのは仕方ないことなのですが、先の「ブロックトーナメント」でも、配布されていた“ウリエル”を貰って買い物の一つもせず即退場するキ〇ガイどもが発生したりすると、そういう面はとみに目立つので「わざわざこっちが出張って来てるのに…」ってなるのは当然です。

アクエリの公式大会は参加費は無料ですが、開催費は無料じゃありませんよ。たまに「マジック・ザ・ギャザリング」等と比較して大会運営がどうたら…と文句こねる奴がいますが「マジック」の公式大会は賞金がありますがだいたい参加費が発生します。
参加費無料の大会で、有料のカードゲームと同等の大会運営クオリティを求めるなんてクレーマーかと。
ただ、参加費無料のカードゲームの中ではアクエリのサービス(大会運営とかQ&Aのレスポンス)は実際かなり行き届いてます。番台とか武士道に見習ってほしいです。

…まぁ、必ずしもやる気に満ち溢れた方が公式大会で結果を残すわけでないというのはしょうがないと思います。
ただ、結果を出したのならばそれ相応に空気を読んでくれとは言いたいですね。
…たしかに、「ぜんぜん勝つ気なかったのに優勝しちゃったわー。え?皆さんなんでそんなマジになってんの(プププ)」
とかやりたくなるような心理もわかりますが。

多くはないユーザーを見捨てずフォローしてくれてるってことはわかってほしいですかね。

実際主催者側からすると張り合いがないんじゃないでしょうか。
「会社休めませんでした(棒読み)」ってされるより、
「会社仮病で休んで来ました(ドヤ顔)!」ってしてくれる人がいるほうが開いてみようかと思うんじゃないでしょうか。


もっと言えば「地方民にCCが求められていない」と判断されているのかもしれません。

…だったら開催しないで浮いたぶんを首都圏のイベントに使っていったほうが手堅いという判断になれば、そういう方針を取るでしょう。

…僕自身としては、今アクエリをやる理由が「チャンピオンカーニバルで優勝したいから」なんですよね。
そのために出場権利を本州や四国に金と時間を使って数をこなすことで無理やり獲得し、時間を削って対戦したりデッキを組み上げたり、全く知らない版権物のエキストラパックを今後使うカードが1枚でもあれば困るからと一定以上に買ったりとしてきましたが…正直CCがないんだったらそこまでこだわる必要なんてないわけで、それこそ最近のカードゲームみたいなスタンスで新弾最初の1箱だけテキトーに剥いてあとはちょこちょこといじる程度で構わないわけで。対戦後にデッキのバランスを確認したりとかせずに放置。
エキストラとか余程好きな版権でもない限り全スルーでしょうね。遠征しなくなったぶん浮いた金でそのままパック剥くとかありえません。もっと普通の金の使い方しますよ。
そもそも、カードゲーム自体しないかもしれません。ゆるゆるしたいなら別にマンガとかアニメとか動画とか見てればいいわけで、暇つぶすだけなら買い物行ったりプラモデル作る方が自分も相手も不愉快になることがありませんし。対戦したいってだけならそれこそオンラインで何かしらできるわけですし。

…みたいなふうに多かれ少なかれ考えてる人が権利を取っちゃって、主催者側に「チャンピオンカーニバル」の必要意義を怪しまれてしまった結果なのかなぁ…と訝しんでみたり。
人それぞれ大事なものは違うので強制なんて誰もできないし、大概のプレイヤー(CC参加者含めて)はCCの優先順位がここまで上に位置づけることなんてないし自分でも「何様のつもりだゴミクズwww」って感じの雑言だなと思います。



…僕は16人は多いかなとも感じるときがあるので(権利取るのが大変になって困るだろうけど)、権利枚数が少なくなってもいいから「チャンピオンカーニバル」的なその年の最強プレイヤー決定戦は存続してほしいですね。

…とか言いたいこと好きに書き殴ったらやっぱり支離滅裂でしたね。随分偏った考えになってるような気がしますが、事実現段階では「来年のチャンピオンカーニバル参加権」は賞品からなくなってるので、どうなっていくのかとか「チャンピオンカーニバル」に少しでも関心がある人は考えるなり質問したほうがいいかもしれませんね。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/02(水) 22:00:11|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【年末間一髪】ブロックトーナメント近畿レポート。【アウト】

スイスドロー エクストリームスタイル

使用デッキ:白単軌道エレベーター入り

軽量ブレイク的要素に「軌道エレベーター」を組み込んだ白単。「呼狐」がチャームポイント。

以下うろ覚え。

1:リューケンドー

「竜貴婦人」で“林 龍蘭”や“ノワール”を回収しアタック。

先攻。

初手キャラが「ノーブルオウル」「動く石像」。白ファクターが出たときには相手に「竜貴婦人」が。“林 龍蘭”2段に圧殺される

2:青単タレント
“ローズマリー・フォンブリューム”や“アイビット・レジャー”“メイリン・プラティニ”等で場を堅めつつ制圧。

後攻。

此方2ターン目に「軌道エレベーター」で白を2ファクターに延ばして「キネティックシュート」で相手のドローキャラを焼き補給差が広がる。
此方“日向 葵”が通り、相手も“ローズマリー・~”が出るが、“明音 鈴”をけしかけて殴りきる。
3:アンドロイド
「アンドロイドプロジェクター」から切り返し“ヴァイオラ”“フラクタル”で制圧。

先攻。

相手引き直し。
此方「学園祭メイド」スタートに、相手ドローキャラ2枚支配+勢力に放置。
此方「転入生」ブレイクし、「キネティックシュート」で相手の「アンドロイドナースメイド」を落とす。
相手に後続が出る前に2枚目の「キネティックシュート」が当たり、その間に“日向 葵”→“明音 鈴”とつながり押し切る。

4:白単スチューデント
「新世紀新人発掘オーディション」で展開補助しつつ、“明音 鈴”や“日向 葵”で場を制圧。

後攻。

相手「編入生」放置スタート、対して此方順調な展開。
先に此方“日向 葵”を立たせて機先を取る。
相手「~オーディション」で“明音 鈴”を出すが、補給差にものを言わせてアタックしていき相手10ダメージに。

5:白単グッドスタッフ
キャラクターを削りデッキパワーを高めた白単。

後攻。

相手「学園祭メイド」2枚支配を此方素通し。「軌道エレベーター」を狙うが“トーマ・アヴェニール”が「動く石像」を3枚呼び出す微妙な展開。
“明音 鈴”を相手に出されて、此方手札の“明音 鈴”がフリーズ。
相手“明音 鈴”でアタック開始、此方「バスルームガールズ」でガード宣言するが、相手「キネティックシュート」で通し此方10ダメージに。

結果:選外(3-2)
不甲斐ないゲームでした。「軌道エレベーター」自体はがんばってくれたけど、やや不確実な勢力アタックに頼らないといけない点でダメなのかもしれない。所謂「白単じゃんけん」からの脱却を目指して爆発的な加速力を産み出せることもある「軌道エレベーター」を使おうとうなってみましたが、間違ってた感じが拭えないのが悲しい。
あとは「チャンピオンカーニバル」ですが、いい結果が出せるよう鍛錬に励みたいです。
  1. 2013/01/01(火) 00:15:02|
  2. アクエリアンエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。